01.大人の住まい考コラム

家づくりをあきらめないで!「こんなもんだろう」と思っていませんか?


 


「大人のリノベ」をご覧いただいている、「50歳以上」の方に向けた住まいに関する大人の為のコラム。第1回目の今回は、住環境に関する満足度について。あなたは、今の住まいに満足していらっしゃいますか?同世代の方は、今の住まいにどのような思いを抱えているのでしょうか。


60歳以上の方の住宅に対する意識について、こんな調査結果があります。自分の住まいに対する満足度について、33.3%が「満足している」、49.0%が「まあ満足している」と回答しているそうです。双方を合わせると82.3%。シニアの住宅に対する満足度って結構いいのね・・・と思われるかもしれません。
 
でも、同じ調査について欧米の結果を聞くと驚かれるかもしれません。「満足している」という回答だけで、アメリカは74.9%、ドイツは78.1%、スウェーデンはおいては、なんと84.0%に達しています。スウェーデンは「まあ満足している」人の割合も合わせると98.4%とほぼ100%に近い結果となりました。
 
また地域の環境の満足度調査においても、日本は「満足している」が35.0%、「まあ満足している」が54.8%、合わせて89.8%となり、満足度の高さがうかがえる結果でした。ちなみ海外でも、同じアジアの韓国は、日本と似たような傾向にあります。

住宅に対する国民の意識 

住宅・地域の環境の総合的な評価(60歳以上男女・国際比較)             

( 単位:% ) 

住宅
       日本        アメリカ       韓国   

   ドイツ    

スウェーデン
満足している 33.3 74.9 24.7 78.1 84.0
まあ満足している 49.0 19.2 52.4 18.7 14.4
多少不満がある  15.4 4.4 19.1 2.9 1.5
非常に不満がある 2.2 1.5 3.8 0.3 0.1

地域の環境
 地域の環境      日本        アメリカ       韓国   

   ドイツ    

スウェーデン
満足している 35.0 75.2 29.6 71.5 86.8
まあ満足している 54.8 19.2 58.0 25.5 12.3
多少不満がある  9.5 4.2 11.7 2.4 0.8
非常に不満がある 0.8 1.4 0.7 0.4 0.1

 

出典:「第7回高齢者の生活と意識に関する国際比較調査(平成22年度)」(内閣府国土交通省)

リノベーションで住まいの満足度を高めたい 

ただ、この結果を見て感じたのは、「地域の環境を変える」というのは大きすぎて手の届かない話ですが、リノベーション会社の私たちとしては、「大人世帯の住まいに対する満足度を高める」という点ではもっと貢献できることがあるのでは、ということ。弊社で半分スケルトン状態になった中古マンションを購入され、フルオーダーメイドのリノベーションをされたS様の実例をもとに少しだけお話させてください。
 
S様は、それまでの暮らしに不満があったわけではなかったのですが、賃貸マンション暮らしで、自分たちのライフスタイルにフィットしておらず、ずっと住む家ではないという思いをお持ちでした。リノベーションされたご友人のお宅を訪れたとき、アートや家具にこだわり、暮らしを楽しんでいる様子を見てリノベーションの自由さを知り、憧れを持つようになったのだそうです。

 

それまでは飾りきれていなかった手持ちのアートでしたが、リノベーションした現在の住まいは、ライティングを仕込んでアートを美しく飾ることができています。

もうひとつの趣味が読書だったS様ご夫妻。リビングからつながっている場所に、ライブラリーを作りました。ここはご自宅ですから、お酒を相棒にしながら、本の世界に浸ることもできます。 
 

これはリビングのテレビボードに設置された、携帯電話の充電ブース。少し凹みをもたせていることで、遠くから見た時にすっきりとして見えます。設計を担当した建築家が設計のスタート時にS様のご自宅を訪れたとき、他の場所はすっきりときれいにしていらっしゃるのに、充電機器類が居心地が悪そうに雑然と置かれている様子をみて「S様はこういう暮らしがしたいわけではないんだろうな」と感じたそうです。ちょっとした工夫ですが、大正解。大きく間取りを変えるという以外にも、こういった細かな作業の積み重ねで、より暮らしへのフィット感が高まるのだと思います。

これからコラムを通じて、私たちが大人のリノベーションにかける思いや、住まいの情報などをお届けしていきたいと思っています。