HOME | よみもの/コラム | 04:窓の断熱で暮らしを変える

窓の断熱で暮らしを変える

「大人のリノベ」が考えるリノベーションについてのコラム。住まいの性能を上げることについてのお話。今回は窓(サッシ)廻りと困りものの結露についてお伝えします。


>1回目からお読みになる場合は、こちら

ご自宅の窓/サッシはどのようになっていますか?

▶︎築40年以上経過した昭和40年代のマンションのアルミサッシ。リノベーション前で断熱はされていません。
 

住環境について2回目は窓(サッシ)廻り・結露についてお伝えします。一年を通して様々な外部環境があり、住宅内部の快適性を上げるためには、外の影響を大きく受ける「窓/サッシ」廻りを改善することは重要なんです。築15年以上の住宅だと、窓の断熱性能が高いということは稀かもしれません。
 
ちょっと確認してみてください。
もし、ガラス1枚+アルミサッシだったとしたら、きっと「夏暑くて冬寒い」と感じているのではないでしょうか。
 
サッシの材質は以下の順で断熱性能が高くなります。
アルミ<樹脂(プラスチック)<木
これは、イコールで熱の伝えにくさ順、と言えます。日本の築年数の古い住宅だと殆どがアルミ製で、アルミと樹脂を合わせたものもあります。木製が最も断熱性能が高いのですが、マンションで木製サッシはあまり見かけません。
 

より重要なのはガラス面


サッシも大切ですが、より重要なのはガラス面です。サッシ枠より面積が広いですからね。
「ペアガラス」をご存じでしょうか?ガラス2枚とその間に空気層を設けたものです。「空気は熱を伝えにくい」という性質を利用していて、この空気層があるだけで性能が向上するのです。
 
では、現状窓の「シングルガラス」から「ペアガラス」に取り替えることができれば良いのですが、既存サッシがペアガラスへの変更に対応できない場合や、マンションであればガラスの交換不可の場合もあります。


 インナーサッシを設置して快適性能を上げる


▷こちらは、実際にインナーサッシ「インプラス」を施工された方の窓。リノベーションを一緒に行う場合は、壁をふかすことでサッシが目立たず自然に馴染みます。
 
そのような場合、既存窓の状況に関わらず室内側に内窓「インナーサッシ」を設置する方法がお勧めです。既存窓とインナーサッシの間に空気層を設け既存サッシ(ガラス)が外部から受ける熱の影響を大幅に軽減することができます。
 
樹脂性インナーサッシが主流で、思いのほか目立たず室内に馴染みます。雰囲気の良さを重視するなら、費用は上がりますが木製窓がおすすめですよ。

やっかいな<結露>について

▷断熱を施していない単板ガラスの窓。結露がひどいですね。
温度差の大きな面に湿気を含んだ空気が触れると結露が発生します。水の入ったグラスの外側に水滴が付くイメージですね。
 
先出の「ペアガラス」や「インナーサッシ」の設置は結露防止の効果も期待できます。窓廻りに「空気層」を設けることで、内部と外部の温度差の大きな空気が接することを緩和するので、結露の発生も防ぐのです。結露はカビの発生原因になるので、健康管理の面でも、結露は絶対に防ぎたいものです。
 
他の箇所では、例えば断熱を施していない北側の壁など温度差が大きくなるので結露が発生し易くなりますね。冬場など生活で発生する湿気を含んだ空気が
冷たい躯体や窓などと接する箇所がある場合は改善することをおすすめします。
結露対策についてAGCのサイトに詳しく紹介されています。

 メリットは他にも!

インナーサッシを設置すると外部の影響を受けにくくなる他に、次のようなメリットもあります。

  • 内部の冷暖房の熱が逃げにくい

熱効率が良くなりランニングコストにもメリットがあります。

  • 防音効果

外の音も静かに、また室内側から外部への音の影響も軽減され、静かな生活を送ることができます。


まとめ

「ペアガラス」や「インナーサッシ」の設置は、生活環境の変化をダイレクトに実感しやすいものです。住環境を向上させるために是非導入したいですね。
 

まずは大人のリノベ相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、お気軽にご予約下さい。まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。 
 

まずは大人のリノベ相談室へ

リノベーションに関するあらゆるご相談に、幅広くお答えします。リノベーションコーディネーターが無料個別相談会を行っていますので、お気軽にご予約下さい。まずは、お茶でも飲みながらじっくりとお話してみませんか。