大人のリノベの考え方

これからの住まいについて、大人のリノベとして伝えたいこと


 


みなさま、はじめまして。「大人のリノベ」で設計をしております、齋藤です。これから複数回に渡って、「大人のリノベ」が考えるリノベーションについてのコラムをお届けします。


初めましての方に…「大人のリノベ」とは?

「大人のリノベ」は、中古マンションのリノベーショントータルコーディネートの「EcoDeco」の中で誕生しました。EcoDecoお客様は、20代〜40代の方が中心で、初めてマンションを取得される方がほとんどです。
この「大人のリノベ」では50代以上の一人暮らしの方、ご夫婦でお住まいの方、そして20〜30代で住まいを購入し、子どもたちが巣立つなどで家族形態が変化した方に向けた「思いの実現」をするためのリノベーションを提案しています。


思いの実現とは?

これを読んでくださっているあなたは、今のお住まいに満足されていますか?きっと、住まいについて目を向けられているから、このページにたどり着かれたのだと思います。
「あぁ、私たち二人には、このキッチンは大きすぎるな」
「子供部屋が物置になっていて、勿体無い」
「趣味の作品を飾る場所や道具を置く場所が欲しい」
「洗濯が重労働に感じてきた」
「建物が古く、暑さ寒さが辛くなってきた」
…ひとつでも当てはまった方、その思いを実現するために、住まいについて考えてみませんか。
 
ご自身の生活について考えるきっかけの一つは、現在不便に思っていることや不具合をなんとかして、ストレス無く過ごすことができたらいいな。ということかもしれません。



 

コラムで伝えたいこと

現在の暮らしに住まいをフィットさせるためには何をしたらいいのか?どう考えたらいいのか?について、「ライフスタイル」「断熱」「不動産選び」「費用やローン」という4つの項目に分けて伝えて参ります。
リノベーションというと、「おしゃれな家」をイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが、根源にあるのはお一人おひとりの暮らしに合わせた住まいをつくるという考えです。一通りお読みいただいて、リノベっていいね。そんな風に思っていただけたら、嬉しいです。
 

「ライフスタイル」

回廊式の自宅ライブラリー。

これまでの人生の中で見つけてきた、自分にとって「かけがえのないもの」。これからは、ずっと好きなものに囲まれて生きたいから、誰にも邪魔されず思い切り楽しみたい。アート、音楽…妥協のない住まいづくりが実現できる時です。
 

「住まいの性能を上げること」

断熱の中でも大事な「窓断熱」。既存のサッシの内側にもう一枚サッシを追加したインナーサッシです。

リノベーションは既存建物を利用し、新たな価値をつくることでもあります。
10年以上前は、簡易に最小限の手を加えることがリノベーションの主流でした。(勿論、現在でもその考え方ですすめる方も沢山いらっしゃいます)
年々リノベーションに対する考えは進化し、「住宅性能を上げて快適に暮らす」という考え方が浸透しつつあります。断熱や空調などの温熱環境、設備など、どのようなものがあって、どのような効果が期待できるのか、お伝えします。
 

「不動産選び:住まい再考」

東京郊外の一戸建てから外苑前のヴィンテージマンションにお住み替えされたO様。

今の物件を購入した時、ご家族はどのような状況でしたか?お子さんの小学校入学など差し迫ったタイミングだったかもしれませんし、奥様のご実家に近い広い戸建を建てたかもしれません。
年齢を重ねた今は、状況は身軽になり、ぶかぶかの家になっているかもしれませんね。
現在の住まいに手を加えるか、住まいの規模を小さくして別の街に住み替えるか…選択肢は様々です。どうするのかベストなのか、もし住み替えるなら不動産をどうチェックしたらいいのかについてお伝えします。
 

「費用について」

住まいのことを考えると、夢が広がりますよね。
自宅リノベにしても住み替えるにしても、費用のことは切り離せません。
「大人リノベ」では、性能向上も考慮しながら、ローン(借り換え、完済の場合)などについても考えていきます。

これからコラムを通じて、私たちが大人のリノベーションにかける思いや、住まいの情報などをお届けしていきたいと思っています。
 
次回は、大人のリノベーション事例から見る「ライフスタイル」についてお伝えします。